VAKモデルで心に刺さる言葉を作る!NLP心理学を表現や営業に活用しよう

5 min 213 views
VAKモデル

VAKモデルって知っていますか?

これをうまく使いこなせるようになると、相手に刺さる言葉が使えるようになります

言葉が刺さるということは、心を動かせるということ。

当記事では、演劇を初めとする表現活動や、営業に活きるVAKモデルについて、ご紹介します!

VAKモデルとは?

VAKモデルとは、シンプルにいうと五感のことです。

NLP心理学という領域で、視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚を3つのタイプに区別したものが、VAK。

  • 視覚(Visual)
  • 聴覚(Auditori)
  • 身体感覚(Kinesthetic)

人には、視覚で得る情報をメイン情報として捉えるタイプの人(V優位)、聴覚で得る情報をメイン情報にする人(A優位)、身体感覚で得る情報をメイン情報にする人(K優位)がいます。

ちなみに、味覚と嗅覚は身体で感じる情報なので、Kに含まれます。

[st-mybox title=”例えば…” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

【話を理解した】のタイプ別表現
Vタイプ「話が見えてきた(読めてきた)」
Aタイプ「言っていることがわかった」
Kタイプ「話が掴めてきた」
[/st-mybox]

上記の例のように、Vタイプは視覚的な言葉を使いますし、Aタイプは音や言葉など、耳で聞いたときに使う言葉を多用します。そして、Kタイプは身体で感じる表現を好みます。

つまり、人にそれぞれ得意なVAKモデルがあるように、言葉にもVAKモデルがあるのです。

あなたのVAKはどれが優位?

そこでまずは、あなたのVAKモデルを知りましょう。

自分が好んで使うVAKモデルを知れば、他人とのコミュニケーションが簡単になりますよ!

視覚優位(V)な人の特徴

インプット方法:図や映像。頭にイメージが湧くかどうか。

アウトプット方法:
視線は上に向きがち(目の前でイメージしている)。
比較的早口で、話の展開が早い。
よく手が動く。
前のめりになりがち。

好んで使うのは、「話が見えてきた」「イメージとしては」など、視覚に関する言葉。

聴覚優位(A)な人の特徴

インプット方法:音や言葉。文字や風景を音で記憶している。

アウトプット方法:
視線は左右に動きがち(耳に意識が向いている)。
論理的な話が得意。独り言が多い。
腕組みしがち。

好んで使うのは、言う系や聞く系、リズムやテンポに関する言葉。またはオノマトペ。

身体感覚優位(K)な人の特徴

インプット:触覚やにおい、味覚など、身体の各部位で記憶している。

アウトプット:
視線は下に向きやすい(身体で感じようとしている)。
話す速度や動作はゆっくり。
身振りや手振りが多い。
猫背になりがち。

好んで使うのは、感覚的な言葉。掴む、手応え、気持ちが良いなど。

参考記事:人には “得意な感覚” がある。NLP心理学から考える、「優位感覚」を利用したコミュニケーション技法。

優位なVAKはひとつだけじゃない!

あなたのVAKタイプはわかりましたか?

自分はA(聴覚)とK(身体感覚)のどっちかだと思うけれど、どっちか分からない…

そんな方もいらっしゃるでしょう。

なぜなら、VAKモデルを複数使っていることもあるからです。

ちなみに私の場合は、V(視覚優位)が60%くらい、K(身体感覚)が30%くらい、A(聴覚優位)が10%くらいを占めている感覚でいます。

それは、当記事や私のブログを読むと分かることでしょう。

記事で使われている言葉が、視覚(V)や身体感覚(K)に寄っていますから。

あなたはどんなイメージや感覚、音で物事をインプットし、アウトプットしていますか?

それが分かれば、他人とのコミュニケーションを意識的にスムーズにすることができますよ!

相手のVAKモデルを知って、スムーズなコミュニケーションを取ろう!

例えば私は、A(聴覚)の言葉でコミュニケーションするのが苦手です。

そのため相手がA優位だと、話の齟齬が生まれやすくなります。

VAKモデルが違うので、こちらの言葉(視覚や身体感覚を使った言葉)は相手に理解されませんし、相手の言葉も理解しづらいのです。

[st-mybox title=”例えば…” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

上司(V優位)
「社長の提案、君はどう見ている?」
部下(K優位)
「いい感じだと思います!」
上司
「いい感じって…具体的にはどういうイメージで考えてるんだ?」
部下
「社長の話が腑に落ちたので、きっとうまく進みます!」
上司
「だからそれ、どういうイメージだ?」
部下
「・・・イメージ?」

[/st-mybox]

このように、VAKモデルの違いで齟齬が生まれた場合は、相手のVAKモデルに合わせて言葉を選ぶと、スムーズに理解してもらえます。

[st-mybox title=”例えば…” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

上司(V優位)
「社長の提案、君はどう見ている?」
部下(K優位)
「いい見通しだと思います!」
上司
「そうだな、いい見解だと私も思う」
部下
「今後の展開が楽しみですね!」
上司
「だな!」

[/st-mybox]

相手が使っている言葉に合わせて、自分の言葉を変えてみると、相手にうまく伝わるようになるんです。

VAKモデルを営業や演劇で活用すると、相手の心を動かせる!

ここまでくれば、きっともう気付いている方も多いでしょう。

そう。

VAKモデルを営業に取り入れれば、きっと売り上げも上がりますし、演劇のような表現活動にもうまく取り入れることで、相手に刺さる舞台になるんです!

VAKモデルを営業に活用する!

VAKモデルを営業で活用するためには、3つのステップがあります。

  1. あなたのVAKモデルを知りましょう。
  2. 相手のVAKモデルを把握しましょう。
  3. 相手のVAKモデルに言葉を合わせましょう。

とはいえ、営業先のステークホルダーが複数人いると、VAKモデルがバラバラな場合もありますよね。

そんな時は、決裁権を持っているメンバーのVAKモデルに合わせて、言葉を変えるとよいでしょう。

それでもし、反対意見が出れば、その人のVAKモデルに合わせて言葉を変えればOKです。

ちなみに、VAKモデルごとのボキャブラリーを増やすのには、類語事典を使うのがおすすめ

実は、優秀な心理カウンセラーやソーシャルワーカーも、類語辞典を活用して相手の言葉に合わせていたりします。

私の尊敬するソーシャルワーカーの大学教授は、この類語辞典を勧めていました。

私も購入して活用していますが、テーマ別に言葉が分かれていて、使い勝手が良いんですよ。

VAKモデルを演劇に活用する!

一方、演劇の場合は営業とは少し勝手が異なります。

営業では、あなたが使う言葉を届ける相手が見えていますし、会話もできるので、相手のVAKモデルを合わせることができました。

しかしながら、演劇のよう多人数向けのコンテンツでは、相手のVAKモデルに合わせた言葉選びはほぼ不可能ですよね。

演劇だけでなく、多人数へのプレゼンテーションでも同じ。

そういうときは、どうすれば良いか。

全VAKモデルの言葉や表現を盛り込むんです。

そうすれば、どんなタイプの人間にも、心に刺さる言葉になります。

それに人は、自分ができない言葉は聞き流すので、重複が合ったとしてもほとんど気付きません。

脚本書きやレジュメ作りの時点から、VAK全モデルの言葉を盛り込んでみてください

きっと、終演後やプレゼン後の反応がガラッと変わりますよ。

VAKモデルで相手に刺さる言葉を使おう!

当記事では、VAKモデルと活用方法についてご紹介してきました。

VAKモデルとはいわば、相手の人間性そのもの

営業であれば、相手に合わせたコミュニケーションを取るのは当然のことですよね。

表現活動も、人の心を動かせなければ無価値です。

また、VAkモデルは恋愛にも活用できたりします

自分と相手のVAKモデルを把握して活用できれば、あなたの人生はきっと豊かになりますよ!

関連記事:「この上司、ダメだ」と見切りをつけると、案外仕事がうまくいく

志波さん

志波さん

新卒で東証一部上場企業に入社後、企業や会社に縛られる生き方ではなく、自分の時間や自分の人生を生きる生き方をしたいと痛感し、1年で仕事をやめる。その後、アフィリエイトで生計を立てる。現在は、マーケティングや編集領域で稼ぎ、自由に楽しく暮らす。Youtubeでは、初心者ブロガー向けにライティング講座を開講している。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です