やることなかったんで定時前に帰ったら、上司に怒られました。

2 min 3,018 views

2019年3月13日(木)。

今でも覚えてる。

おれはこの日、仕事が終わってやることがなかったもんで、定時より2時間くらい早く帰った。

そのときの話をしたい。

夜の面談が飛んで生まれた、なにもすることのない2時間

キャリアアドバイザーという仕事は、夜に偏りがち。

相談に来る人は、仕事が終わってから来るから。

やから当時の定時は、12時〜21時やった。

そして、その日は19時から90分の面談が入っていた。

通常業務は、4時間もあれば終わる。

雑務があっても2時間もかからない。

その日にやるべきことは18時半には終わってた。

夜の面談を除けば。

そのとき、相談者から一通のメールが届く。

「今日の面談、行けなくなりました」

夜の面談が飛んだ。今日の仕事は終わってる。

つまり、なにもすることのない時間が2時間以上できた。

無性に帰りたくなった。

定時前に帰ったらどうなるんやろう?という好奇心

ふつーの思考回路を持つ方であれば、こういう状況でも「あと2時間、どうやって時間を潰そうか」ってなるんやと思う。

でも、そうは思わんかった。

ただひたすら、早く帰りたかった。

自分の時間を確保したかったから。

すると、ある興味が出てきた。

「定時前に帰ったら、どうなるんやろう?」

怒られるのか、給料が減るのか。
クビになるのか、それともバレないのか。

当時、一緒に働いていたチームのメンバーからは、「妄想で仕事をするな。自分で事実を取りにいけ」って教わってた。

多くの人は、定時前に仕事が終わってても、
「帰ったら怒られるんじゃないか」
「クビになったら嫌だな」
と思って、時間をつぶそうとすると思う。

でも、もしかしたらそれって、妄想なのかもしれない。

それに気付いたとき、定時前に帰ったらどうなるのかを試してみたくなった。

で、帰った。

家でのんびりビールを飲んでたら、上司から連絡がきた

今日は早く帰れたし(帰れたというか、勝手に帰ったんやけど)、のんびりしよう!

そう思って、家でお気に入りのビールを飲みながら、木村拓哉主演の「PRIDE」をのんびり観てた。

すると、スマホに2件の通知が。

Slack(社員用チャットツール)の通知やった。

「あ、やっぱりバレたか」って思った。

開いてみると、直属のチームリーダーと、その上の人事権を持つ上司からメッセージがきてた。

リーダー「あれ?帰った?」
上司「志波、今どこにおる」

「さすが、リーダーはわかってるなぁ」と思いながら、とりあえずリーダーに「はい」って返事した。

すると、「まじか」って返ってきた。

このとき、リーダーにだけは言うとくべきやったな、って思った。

リーダー「明日話そう」

それで、その日は終わった。

人事権持ってる上司からのメッセージ?

返信すると説明求められそーやったからさ。

そっちはとりあえず、無視しておいた。

翌日、出勤してみる。上司から怒られる

次の日、いつも通り会社に行く。

席に着くと、チームリーダーより先に、上司の方に捕まってしまった。

(リーダーと話したいなぁ…)と思いつつ会議室に連れていかれて、上司と話をすることに。

でも、上司に今の自分の状況や気持ちを共有できるほどの共通言語を、持ってはいなかった。

正直、どういう話をすればいいか、分からん。

やから素直に言った。

「なんで帰った?」
「帰りたかったからです」

場が凍りつくのがわかった。
でも、おかしなことは言ってない。

帰りたかったから帰った。

たしかに、なんとなく良くないことやとは思う。

でも、「帰りたいときに帰る」それのどこが良くないのか、明確な理由が分からんかった。

怒られるのなら、定時前に帰ってはいけない理由が欲しい。

やから、その答えを求めるように、上司に聞いた。

「なんで帰ったらアカンのですか?」

すると、こう返ってきた。

 

「契約やから」

 

会社を辞めようと思った。

 

続き:会社に飼われている気がして無理だった。だから会社を辞めました。

関連記事