ポートフォリオサイトの作り方!これからは個人のブランディングが重要

6 min 95 views
ポートフォリオサイト 作り方

自分の仕事の実績や思想を発信したい…
ブランディングして、個人で仕事がしたい…

こんな悩みを解決すべく、記事を書くぞ!

解決策はずばり、ポートフォリオサイトを作るべし!

これからの時代、デザイナーでも役者でも、普通のサラリーマンでも、自分のプラットフォーム(発信媒体)を持った方がいい

そうすれば、将来的には会社に頼らなくても生きていけるようになる!なぜなら、ポートフォリオサイトから仕事の依頼が来るようになるから!

そこで当記事では、ポートフォリオサイトの作り方を紹介しようと思います!

ポートフォリオサイトとは

ポートフォリオサイトとは、一言で言うと自分の実績が分かる媒体のこと

たとえば、こんな感じ▶︎ユイさんのポートフォリオサイト

ユイさん(@qsb3uy)はデザイナーで、ついこないだまで会社員をしていたけれど、高知に戻ってフリーランスとして働いている方やったりする。

そして、彼女のようにデザインの実績が分かるようなポートフォリオサイトを作っておくと、そこから仕事が取れたりするから楽しい。

他にも、Twitterのアカウントをポートフォリオサイトのように使っている人もいるし、InstagramやYoutubeかて、ポートフォリオサイトになりうる

Youtubeなんて特にそう。
自分の企画力や撮影技術、編集技術やマーケティング能力を一目でアピールできる。

また、実はブログもポートフォリオサイトになったりする

このブログもそう。わしも今、絶賛作成中。

まだこのブログは始めたばかりなので、このブログから仕事の依頼は来ていないけど、別で運用しているサイトからはよく依頼が来ていたりする

ブログのポートフォリオサイトのイメージはmanablogが分かりやすい。

デザイナーの方や絵師の方はユイさんのポートフォリオサイトのようなものがいいやろうけど、普通のサラリーマンであればmanablogみたいなブログを目指すのがおすすめ。

特に役者や演劇関係者のような表現活動をしている人は、ブログ形式のポートフォリオサイトが良い

ブログであれば、役や仕事への考え方を発信できるので、あなたを雇いたい人や使いたい人が、あなたにその仕事が合っているかどうかを判断しやすくなるから。

ちなみに、manablogの運営者のマナブ(@manabubannai)さんは、このブログだけで生計を立てている。たしか、月収800万円くらいの収入を得ていたはず。ちなみに彼のキャッシュポイントは、Webコンサルとプログラミング、アフィリエイトとYoutube。

これからの時代、ポートフォリオサイトでもブログでもYoutubeでも、自分のプラットフォームを持っていれば、お金はいくらでも作れる

つまり、会社に行かなくてもお金が稼げるので、自由な人生が手に入る

ポートフォリオサイトの作り方!おすすめはWordPress

そしたらさっそく、ポートフォリオサイトの作り方を紹介していこか。

その前に、どんな媒体を使うか決めよう

ポートフォリオサイトとして使えるのは、主に次の媒体。

  • 自作Webサイト
  • Twitter
  • Instagram
  • Youtube

TikTokは、収益化が難しいので省いた。

もし、SNS系でポートフォリオを作るのであれば、次の記事の戦略を参考にしてほしい

戦略とやることは大体みんな同じなので、わざわざ新しく記事を書くのがメンドクサイのもある(おい)。

関連記事:5大SNSの特徴と戦略まとめ【あなたの独り言にならないために】

そして、これからこの記事でご紹介したいのは、自作Webサイトの作り方について

もし、デザイナーの方が自作のポートフォリオサイトを作るなら、次の記事に無料で作れるツールが載っている。

関連記事:ポートフォリオサイトとは〜基本的な作り方から無料作成サービスまで紹介

せやけど工藤!や。

もし、あなたが普通のサラリーマン、もしくは演劇関係者であるなら、WordPressを使ってブログを書いた方がいい

上記のようなサイトやと、記事の更新が非常に煩雑になるからさ。めんどくさいのは嫌やろ?

無料でサイト作ったとしても色々と規約がありすぎて、自由に稼げなかったりもする。

やから、多少お金がかかってもWordPressでサイトを作ろう。

ちなみに、このブログもWordPressで作ってる。

ポートフォリオサイトの作り方!自作のWebサイトを作ろう!

そしたら、さっそく作っていこー!

自作サイトと言っても、難しく考えないでほしい。

きっとあなたも、サイトを作ったことがある筈なんや。無意識にやけど。

例えばTwitterでは、あなたが呟く度に新しいWebページができていたりする。

SafariやGoogle ChromeのブラウザでTwitterにアクセスすると、赤枠のところで囲ったように、各ツイートにはURLが振られてるんや。そして、呟くごとに番号が変わる。

これも、一種のWebサイトやねん。普段は意識せんから分からんけど。

やから、自作のWebサイトを作るのは簡単!

用意するものは次の3つだけ。

  • やる気
  • 金(無料〜1万円くらい)
  • 時間(30分〜2時間くらい)

超シンプル!

ちなみに、Twitterの例では、twitter.comというTwitterのサイトにあなたのページが載っているんやけど、今回はページではなくあなただけのサイトを作ってみよう。(サイトとページの関係性については、「②ドメインを取得する」の画像を参考にしてほしい)

①サーバーを借りる

まずはサーバーを借りよう。

サーバーとは、Webサイトを載せる器みたいなもの

どれだけ良い動画を作っても、YouTubeがなければ動画は上げられんよね。

サーバーは、いわば作ったものを保存する保管庫みたいなところ。

①まずは、Xserverにアクセスする。

②10日間の無料お試しに申し込む(後で有料プランに変えればずっと使える)

③必要事項を記入して、送信!(プランはx10プランで十分)

やることは、たったこれだけ。

もちろん、他にもサーバーはあるけれど、セキュリティ面やサイトの速度、料金を考えるとXserver一択。

ここはサクッと、まずはやってみよう!

ちょっと頭を使うのは、まだちょっと先。

②ドメインを取得する

次は、ドメイン取得。

ドメインとは、twitter.comshibalog.orgみたいなやつのこと。

ここに、あなたが作ったページを載せていく形になる

イメージは下図のような感じ。

つまり、ドメインの数だけサイトが作れるんや!

サーバーはもう借りたので、次はこのドメインを買う。

せやけど、これも超簡単。

すでにXserverでサーバーを借りた人なら、無料でドメイン1つがもらえたりする(キャンペーン終了の可能性あり)

登録時に使ったアドレスに、サーバーパネルのIDとパスワードが届いている筈やから、ログインしてドメインを取得しよう!

ドメイン名はなんでもOK。

せっかくのポートフォリオサイトなので、あなたの名前が入っているとベストかも!

メジャーどころは.comや.jpやけど、ポートフォリオサイトなら.workもおすすめ。

ただ、.workはエックスサーバーの姉妹サービスであるエックスドメインでは取得ができないので、無難に.comでいいと思う。

どうしても.workを取得したい場合は、お名前.com を使おう。

③ドメインとサーバーを紐付ける

ドメインも取得できたら、次はサーバーと紐付けよう!

ただ、エックスサーバーとエックスドメインを使った人は、ここの紐づけはすでにできているのでめっちゃ楽。なにもしなくてもいい。

もし、お名前.comを使っていたら、サーバーとドメインのDNS設定をする必要がある。

詳しくは次の記事を参考にしてほしい。

関連記事:お名前.comで取得したドメインをエックスサーバーで使うための設定方法

④WordPressをインストールする

次は、WordPressをインストールしよう!

WordPressとはCMS(Contents Manegement Sysetem:コンテンツ管理システム)の一種。簡単に言うと、Webページがめっちゃ簡単に作れるアプリ

Twitterでいうと、簡単に呟けるよ!みたいな感じ。

ちなみに、Xserverを使っていれば、導入は数クリックするだけで超簡単。

やり方は、次の記事が分かりやすい。

関連記事:WordPressの簡単インストール手順

ここまでくれば、サイトはもうできてる!

実際に、あなたが決めたドメインにアクセスしてみてほしい。

“Hello World!”のページが出てきたら成功や!

ポートフォリオサイトのデザインの作り方

ただ、これだけやとなんか味気ないよな。

インターネット黎明期のサイトかよっていう。

そこで、使いたいのがテンプレートテーマ。

WordPressならではのメリットで、テンプレートをインストールするだけで、デザインが簡単にできてまうんやで!

もちろん、自分で作ってもいいんやけど、HTMLやCSS、PHPのプログラミングスキルが必要になるから、一から構築するのは難易度が高め。

やから、テンプレートで大枠を作って、細かいところを自分の好みでこだわるのが楽やしおすすめ!

テンプレートは、Wordpress管理画面の「外観→デザイン」から無料のものを使ってもいいし、有料テンプレートを購入してもいい。

とはいえ個人的には、有料テンプレートがおすすめ。

なぜなら有料であれば、SEOの内部対策が済んでいたり、他にも利用者がたくさんいるので、ネット上で情報を集めやすいから

ちなみにshibalog.orgは、Affingerという有料テンプレートを使っている。

値段は15,000円くらい。

高いやろか?
でも、それで仕事が取れるんやったら安いやろ?

回収の見込みがあるお金の使い方を、投資って言うんやで。

他にも、わしは別サイトでThe Thorってテーマを使っていたり、ブロガー向けのOPENCAGE(オープンケージ) っていうものあったりする。

どれにするかは、各テーマのデザイン済みサンプルを見て、直感を信じて決めると後悔せんよ。

機能性はそんなに変わらんから。

【まとめ】ポートフォリオサイト作りは始まったばかり!

この記事では、ポートフォリオサイトを作ってみたい方のために、作り方や色んな情報を紹介してきた。

もう既に、記事を参考にしながらサイトを作ってみた人は、めっちゃ楽しかったと思う。

ワクワクするし、きっとドキドキしたはず。

そして、その興奮はこれからも続く。

サイト作りはまだ始まったばかりやし、これから色んな記事を書いていく上で、また新しい喜びがたっくさんある。

そして、ひとこと言いたい。

めっちゃ良い趣味を作ったな!と。

そして、この趣味は仕事にも繋がるし、お金も稼げる趣味やねん。

今日あなたが作った記事で、これからあなたが仕事をゲットしたり、稼げるようになることを心から願っているで!

そしてもし仮に、この記事を見て詰まったところがあれば、次のサイトも参考に作ってみよう。

関連記事:【初心者向け】滅茶苦茶わかりやすいブログの始め方!|収入を得られるブログの作り方

関連記事:WordPress(ワードプレス)ブログの始め方を初心者でも絶対わかるように解説する!

志波さん

志波さん

新卒で東証一部上場企業に入社後、企業や会社に縛られる生き方ではなく、自分の時間や自分の人生を生きる生き方をしたいと痛感し、1年で仕事をやめる。その後、アフィリエイトで生計を立てる。現在は、マーケティングや編集領域で稼ぎ、自由に楽しく暮らす。Youtubeでは、初心者ブロガー向けにライティング講座を開講している。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です