30代から未経験でエンジニアに転職するなら、裏ワザを使わなければ不可能です

3 min 57 views
エンジニア 未経験 30代

エンジニアへの転職って、憧れますよね。

最近では、フレックスタイム制を導入している企業も増えているので、出社する時間も退社の時間も自由な企業が多いのも魅力です。

私のところにも、30代で未経験だけどエンジニアに転職したい!という方がけっこう相談に来られていました。

しかし、残念ながら30代から未経験でエンジニアに転職することは、ほぼ不可能です。

ある裏ワザを使わない限り。

当記事では、30代から未経験でエンジニアに転職するための前提知識と、具体的な方法について解説します!

30代で未経験からのエンジニア転職は不可能?

エンジニア 未経験 30代

まず、結論からお伝えします。

結論、後半でご紹介する裏ワザを使わない限り、残念ながら30代で未経験からエンジニアに転職するのはほぼ不可能です。

企業の採用担当者、つまり人事と経営者の気持ちを考えてみてください。彼らの求めているものをイメージしてみましょう。

前提の話をします。

私はキャリアアドバイザーとして、企業側の採用コンサルティングもしておりましたが、新卒の就活とは違って、転職における採用は2パターンしかありません

  • 辞めた人の穴を埋めるための補充採用
  • 新規事業創設のための拡大採用

採用とは、企業の経営戦略の根幹です。

  • 欠員補充のために人員が必要だから、採用する。
  • 新規事業開発のために人が必要だから、採用する。

言い換えれば、辞めた人と同程度の実力を発揮する人、もしくは新規事業で活躍できる人材しか採用しないのです。

プログラミングのプの字も知らない未経験者が、即戦力になれるでしょうか。

どれほどやる気があったとしても関係ありません。実力の伴わないやる気は無価値です

30代から、エンジニアを含む未経験職種へ転職するのは、ほぼ不可能なんです。

でも落胆する必要はありません。

30代からでも未経験でエンジニアに転職する裏ワザがありますから。

30代から未経験でエンジニアに転職できるのは、リファラル採用だけ

エンジニア 未経験 30代

中にはもしかしたら、あなたのご友人の中で30代から未経験職種に転職した方がいるかもしれませんね。

実際にそういった方もおられます。

そういう方は、なぜ転職できたのか。気になりますよね。

こうした方々はおそらく、リファラル採用だったのではないかと思われます。

リファラル採用だと、エンジニアに限らず、未経験職種に転職できる可能性が広がるんです。

リファラル採用とは、一言でいえばコネ採用。
友人知人の紹介で企業に採用されることをリファラル採用と言います。

私も先日、友人を通してある上司の方とお話しする機会があって、アクセンチュアというコンサルティング会社に誘われたりしました。

友人を介して職が決まる。これがリファラル採用です。

なぜ、リファラル採用だと未経験職種でも転職できるのか、気になりますよね。

その理由は採用費用にあります。

リファラル採用であれば、採用にかかる費用が0円だからなんです。

通常、リクルートやDODAなどに求人掲載をする場合や、転職エージェントを利用する場合、企業は採用のために数百万〜数千万円単位のお金を支払っています。

当然、企業は莫大な採用費用をかけた分だけ、良い人材を採用したいと思うもの。

プログラミング未経験者なんて、ほぼ採用しません。

企業もポテンシャル採用のような博打はしたくないですから。

一方、リファラル採用であれば採用単価が0円なので、企業もあなたのポテンシャルに賭けることができます

あなたの今後の成長とやる気に賭けて、ポテンシャル採用をしたとしても、かかる採用費用は0円で済むからです。

30代から未経験でエンジニアになるためには、即戦力を身に付ければいい!

「なるほど、リファラル採用を使えば30代からでもエンジニアになれる可能性があるのか…」

そうは言っても、エンジニアの友人がいる人ってそう多くはないですよね。

そもそも友人知人に紹介してもらえなければ、リファラル採用でエンジニアになることは残念ながらできません。

でも、諦めるのはまだ早いです!

冒頭でお伝えしたこと、覚えていらっしゃいますか?

どれほどやる気があったとしても関係ありません。実力の伴わないやる気は無価値です。

これです。

言い換えれば、実力があれば30代からでもエンジニアに転職することはできるんです!

でも残念ながら、今のあなたはそれを持ち合わせていません。

ではどうすれば良いか。

答えはシンプルです。

実力を身に付ければ良いんです!

30代から未経験でエンジニアになるための裏ワザ|プログラミングスクールに通う

エンジニア 未経験 30代

実力さえあれば、たとえやる気がなかったとしても転職できたりするのが、エンジニア転職のおもしろいところ。

エンジニアは、技術力だけで食っていける職種ですからね。

あなたも、そんな企業から引く手数多の人材になるために、まずは実力を付けましょう!

じゃあ、どこでエンジニアの実力を身に付ければ良いの?

実力を付けるための具体的な方法も気になりますね。

答えはシンプル。プログラミングスクールの通うことです。

最近は、仕事終わりでも通えるプログラミングスクールが増えてきているので、今の仕事を続けながら準備することができます。

もちろん、ガッツリ通ってから転職する方もおられます。

どのスタイルがあなたに合うかは、やってみないと分からないので、当記事でおすすめする3社には話を聞きにいくのがベストですよ。

30代から未経験でエンジニアに転職するのにおすすめのプログラミングスクールは、次の3社です!

未経験のITエンジニア転職なら【TECH::EXPERT】
・現在急成長中のプログラミングスクール
・10週間でエンジニアスキルを習得
・転職できなければ全額返金保証

受講者満足度90%以上のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
・90%以上が未経験で転職成功率98%
・経済産業省公認の給付金が支給される
・転職保証・全額返金保証付き

TechAcademy [テックアカデミー]
・自宅からオンラインで学べる
・プログラミングコースが豊富
・気軽な体験学習から本気の転職まで幅広く対応

世間では、数多くのプログラミングスクールがありますが、そのほとんどが20代までしか受講できなかったりします。

上記3社は、30代でも未経験からエンジニア転職できる貴重なプログラミングスクール

とはいえ、どういう学習になるのかは、実際に試してみないとイメージできませんよね。

3社とも無料体験や無料カウンセリングを受けられるので、ぜひ試してみてください。

あなたにピッタリのプログラミングスクールが見つかって、エンジニアに転職できれば、きっとあなたの人生は変わりますよ!

志波さん

志波さん

新卒で東証一部上場企業に入社後、企業や会社に縛られる生き方ではなく、自分の時間や自分の人生を生きる生き方をしたいと痛感し、1年で仕事をやめる。その後、アフィリエイトで生計を立てる。現在は、マーケティングや編集領域で稼ぎ、自由に楽しく暮らす。Youtubeでは、初心者ブロガー向けにライティング講座を開講している。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事