死ぬ意味と生きる意味|生きる意味が分からなかった高校生の私

2 min 77 views
生きる意味 死ぬ意味

こないだ、高校生のときに書いてたブログを見つけたんです。

うっわ〜!懐かしいなぁと思って、数記事読み返してみたら、恥ずかしいことしか書いてなかった 笑

けれど、中には「このとき、こんな風に思ってたんやな〜」って発見もあったりして。

そーいうこと、たまにない?昔の日記とか読み直すとさ。

そこで見つけたこのテーマについて、今日は書こうと思う。

私たちが生きる意味について

死ぬ意味と生きる意味は違うらしい

高校生のわしは、死ぬ意味と生きる意味について悩んでいたらしい。

「人はなぜ、死ぬのか」
「人はなぜ、生きるのか」

この問いの答えは決して同じではない

こんなことを自分で書いてた。

死ぬ意味ってなんやろう。
なんで人は死ななあかんのやろう。

高校生のときは、これがテーマやった気がする。

でも当時は、何となく違うなぁって感じてただけやった。

それが明確になったんは、高校3年生の冬、センター試験が終わって私立大学の受験の勉強をしていたとき。

2013年2月3日、ある人の通夜に出たときやった。

人が死ぬ意味とは

人はなぜ、死ななければならないのか。

ずっと生き続けられたら、時間も無限になるし、のんびり暮らせて最高。

なのになぜ。

当時は、そんなことを考えていたと思う。

でも、今ならその明確な答えが分かる。

人は、生きるために死ぬ

1度死なないと、人は生きていけないんだと思う。

輪廻転生とか、そういう話じゃない。

大事なのは、記憶。

生きていれば、「またどこかで会えるよな」で別れることができるし、そんなに淋しくもならない。

でも、死んだらもう会えなくなる。

もう2度と会えない。
その事実を強烈に突きつけられたとき、故人は、生涯を終えるまでのその人生で関わってきた人々の中で、輝きだす。

第二の人生が、故人の家族や恋人、友人知人たちの中で動き出す。

そして、人生の第2ステージの基点となるのが、葬式・通夜なんじゃないか。

葬式・通夜のときには、故人が人生の中で関わってきた人達が一堂に集まる。

悲しみ、涙を浮かべ、故人を惜しむ。

そして、故人の人生は集った人々の中でリスタートする。

彼の通夜を見ていて、そんな風に感じたんだ。

人が生きる意味とは

一方、人が生きる意味とは何なのか。

わしはこれが分からんかったから、対極にある人が死ぬ意味を知りたかったんやと思う。

人が死ぬ意味が分かれば、それをひっくり返せば生きる意味になるんじゃないかと。

そこでひっくり返してみた。

人は、生きるために死ぬ
     ▼
人は、死ぬために生きる

ものすごく腹落ちした。

人は、将来自分が死んだときに、周りで支えてくれた人達の中でもう一度生きるために死ぬ。

でも、自分が死んだときに、心が壊れてしまいそうになるほど悲しんでくれる人がいないと、記憶には残らず生き続けることができない。

だから、自分が死んだあとも誰かの中で生き続けられるように、周りの人たちと手を取り合い、生きていく。

まさに、人は生きるために死ぬし、死ぬために生きる。

だから、多くの人に惜しまれながら気持ちよく死ねるように、今日も生きていきたいなぁってさ。

生きる意味と死ぬ意味は、死んだときにしかわからない

つまり、生きる意味と死ぬ意味は、自分が死んだときにしか分からないってことになる。

であれば、1日でも早く死んでしまいたい!って思うこともあるかもしれない。

やけどね、もし仮に今日死んでも、来年死んだときと比べると、悲しんでくれる人はきっと今日より来年の方が多い。

生きるって、そういうこと。

自分が死んだときに悲しんでくれる人を増やしていくのが、生きるってこと

せっかく死ぬんだったらいろんな人を悲しませたくない?

それで、いろんな人の中で死んだ後も生きられたら最高やん。

別に、いつ死んでも良いんやけどさ。

わしは、高校生のときの自分に言いたい。

「がむしゃらに生きて、いろんな人を巻き込んで、泥まみれになりながら必死に生きろよ!そしたらきっと、死ぬとき楽しいぞ!」

って。

志波さん

志波さん

新卒で東証一部上場企業に入社後、企業や会社に縛られる生き方ではなく、自分の時間や自分の人生を生きる生き方をしたいと痛感し、1年で仕事をやめる。その後、アフィリエイトで生計を立てる。現在は、マーケティングや編集領域で稼ぎ、自由に楽しく暮らす。Youtubeでは、初心者ブロガー向けにライティング講座を開講している。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です