ブログに書くことがないので、書くことない理由と対策を5つ考察してみた。

4 min 87 views
ブログ 書くことない

今日は、ブログに書くことが思いつかない日だった。

しかし、毎日更新を心がけている手前、このまま更新せずに今日を終えてしまう自分を絶対に許せない

つい先日も、平日の真昼間からワインを飲み過ぎて吐き戻しながらでも、毎日更新は続けているのだ。

ブログに書くことがない。それだけで書かないとか、ありえない。

そこで当記事では、ブログに書くことがない状況にありがちな5つの原因と対策を考察してみた

ブログに書くことがない理由と対策①ネタがない

ブログに書くことがない理由の第1位はこれ。

ネタがない

おもしろいネタなんて、毎日転がっているようなものではない。

にもかかわらず、読者はおもしろい記事を求めている。

おもしろいネタを作れないブロガーが悪いのか、それともおもしろい記事を要求してくる読者が悪いのか(暴挙)。

まーね。記事制作は価値提供やから
読者が求めている記事を書くのは当然なんですけどね。

ネタがないときの対策法

でも、なにも書けない日ってあるよね。

そんなときは、トレンド記事を書くのが良いかもしれん

わしも先日、Youtuberカジサック氏が上げていた動画からキーワードを見つけて、記事を書いてみたところ、3日間で2000PVのアクセスがあった。

これがその記事。

関連記事:いちごのカトリーゼとは?手作りスイーツをご紹介!

おかげで、ブログ立ち上げ1ヶ月目にして、アドセンス経由で収益も上がった。

書く記事はなんでもいい。単なるまとめ記事でも良い。書くべし。

何か書けばバズるかもしれんが、何も書かなければ絶対にバズることはない。

ちなみに、Google Trendsを使うと、トレンド記事のキーワードが転がっていたりする。

ブログに書くことがない理由と対策②SEO対策を意識しすぎて萎える

ブログを書いてて、書くことがないと感じる理由の2つ目。それは、SEO対策を意識しすぎたとき。

SEOキーワードが思いつかないっときって、記事が書けないし書くことがないので辛くなる

SEO対策できなければ、マクリンさんやワロリンスさんのように、SNSで拡散するだけで集客できるような人でない限り、書いた記事は確実に誰にも届かないし、書いても無駄になると感じて、モチベーションが下がったりする。

てか、そういう記事は実際にゴミ記事やし。インデックスもされなければ、ドメイン評価を下げるだけ。

また、実際には書きたい記事があったとしても、YMYLキーワードのど真ん中を狙う記事になったり、SERPの上位勢をAhrefsにかけてみると、強敵すぎてモチベーションが下がったりすることもある。

SEO対策を意識しすぎて萎えたときの対策法

実際に、今日のわしはこれやった。

SEO対策したいと思えるキーワードがまったくなかった。

だから、今日はその気持ちを検索窓に入れてみた。すると、サジェストワードに「ブログ 書くことない」が出てきたので、それを対策したんだ。

記事作成の本質は価値貢献。

誰かに読まれて貢献できるなら、それでOK

ブログに書くことがない理由と対策③収益がイメージできない

ブログに書くことがない理由の3つめは、収益について。

正直、稼げそうにもない記事って書きたくないもの

そんな記事を3〜4時間もかけて書くのであれば、バイトしてる方がマシって思うこともあるかもしれん。

あとは、対策キーワードのボリュームが少なすぎるとか。

収益がイメージできないときの対策法

でもね。パレートの法則ってのがあるんだよ。

2:8の法則とも言って、例えばブログ収益の8割は、ブログ全体の2割の記事から生まれるとか。そーいう法則がある。

だから、収益ばかりに注力しなくても別にいいんだよ

たとえば、アクセス稼げたり、被リンクもらえてドメインパワーが上がるような集客記事も必要だったりする。

ブログに書くことがないなっていう日は、収益を一旦無視して下記のような集客記事を書いてみるのも手だよ

関連記事:I Love Youの訳し方14選|告白やプロポーズに使える言葉

例えば、上の記事がゼクシーにでも引用されたら最強じゃね?(Rの編集者さん、見てたら引用してくださいm(_ _)m)

ブログに書くことがない理由と対策④時間がない

あとは、ブログに書くことがない理由にありがちなのは、書く時間がないっていう言い訳

はい。はっきりと言います。時間がないは言い訳だ。

もちろん、専業ブロガーでもなければ、毎日会社から帰ってきてブログを書くのが大変なのは分かる。

主婦ブロガーであれば、育児や家事もあって、毎日たいへんやとは思う。

でも、そんなこと読者には関係あらへん。

ブログは書こう。

今日は時間がないから…って、できない理由を作っている時点で、そもそもあなたは今日、ブログを書く気がない。本気じゃない。

もしこれが、気になる彼や彼女からのデートの誘いならどう?

なんとしてでも時間を作って、デートに行くやろ?

ブログもおんなじ。てか何事にも共通することや。

「時間がないから…」でやらなくても良い理由を作る人は、絶対に上手くいかん。

時間がないときの対策法

でももし本当に時間がパツパツなのであれば、時間を区切って取り組もー

パーキンソンの法則というものがあったりする。

【パーキンソンの第一法則】
仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する

Wikipedia

これは、時間はあればあるだけ、仕事を終えるのがギリギリになるっていう法則。

これをうまく利用する。

自分で2時間で終わらせる!じゃなきゃ罰則!みたいにリミットを作るんや。

人間っておもしろくて、リミットを作れば、その時間内にやり遂げる方法を模索し始めるから、仕事が早く終わるで!

あとは、25分作業して5分休憩を繰り返すポモロード・テクニックとかもおすすめ。

この辺のテクニックは、以下のDAIGOの良本で勉強した。

ブログに書くことがない理由と対策⑤やる気が出ない

ブログに書くことがない理由の最後は、そもそもやる気が出ないって人。

こーいう人は今すぐブログを辞めよう

きっと人生の充実度が下がってる。

趣味で記事を書いているんならいいんやろうけど、本気で収益化を考えているのなら、ブログ辞めよ。

もともと書くのが好きじゃないんとちゃう?

やる気が出ないときの対策法

でももし、少しでもやる気があるんなら、今すぐにパソコンに向かってください

人間の脳はやっかいなもので、行動して始めてやる気が湧くようになってる。

これは、やる気の元となるドーパミンやノルアドレナリンが報酬系のホルモンやから。

やる気が出ないってときは、まずやってみなさいな。

それでもやる気が湧かんのなら、きっと向いていない。

ブログ以外でも稼ぐ方法はあるので、そっちにシフトしてみてはいかがですか。

【まとめ】ブログに書くことがないときは、ゴミ記事でも良いから書いてみよう!

ブログに書くことはないときって、けっこうある。

でもいいんだよ。検索結果1位の記事なんて書けなくていい

とりあえず書こ。ゴミ記事でも良いからさ。

んで、仮にもし順位の付きがよかったら、あとでリライトすればいーじゃん。

ブログ書きたいのに、ネタがないとか、SEO対策とか収益を意識しすぎて書けずにモチベが下がるよりは、何かしら書いた方がいい。

行動すればやる気が湧くから。

前に進めるからさ。

そしてら、この記事みたいに検索上位に上がってるかもしれないよ。

志波さん

志波さん

新卒で東証一部上場企業に入社後、企業や会社に縛られる生き方ではなく、自分の時間や自分の人生を生きる生き方をしたいと痛感し、1年で仕事をやめる。その後、アフィリエイトで生計を立てる。現在は、マーケティングや編集領域で稼ぎ、自由に楽しく暮らす。Youtubeでは、初心者ブロガー向けにライティング講座を開講している。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です